クラウド時代と日本の社会

###Site Name###

クラウドサービスの利用によって、仕事や生活はどのように変化するものなのか、そもそもそのサービス自体が何なのかということになります。

クラウドとは簡単に表現してしまえば、データを手元のパソコンに格納するのでなく、インターネットにあげて利用することとなります。

Amazon EC2に有益な情報の紹介です。

しかし、こうした利用は今までも可能であり、自宅やオフィスのパソコンを固定回線のインターネットにつないだり、ノートパソコンを無線接続、場合によっては携帯でも利用は可能です。それでもここ数年で確実に生じた変化は、スマホやタブレット端末などの移動端末の増加で、インターネットが使いやすい環境になり、どこにいても使えるようになったということです。


クラウドによってまったく新しいことが出来るようになったわけではありませんが、これまでできるけど実用性にはかけるという理由で手を出してこなかったものが、ごく簡単にできるようになったのです。それが生活をかえ、仕事のやり方に変化をもたらし、新しい世界を切り開いているのです。

しかし、問題は日本社会がスマホやクラウドを使いこなせるかという点にあります。

普及しているようにも見えるスマホではあるが、実際にはスマホより携帯を好む人が多いのも事実です。そして、これまでのネットとの関わりにより必要性にも大きな違いがでます。

また、日本のクラウド利用の遅れが目立つ理由に、閉鎖的な企業構造があります。

IT用語辞典の基本知識を紹介しています。

この技術に親和性がなく、まだこの時代に合わせて連携が出来ていないのです。



しかし、逆に言えば、遅れを取り戻せば日本社会を大きくかえれるものでもあるのです。